このエントリーをはてなブックマークに追加

7月

4

(RTC主催) Rakuten Tech Meetup #2 データで切り拓くソフトウェア品質の未来

Organizing : Rakuten Technology Conference

Hashtag :#rtechconf
Registration info

Description

もっと楽天TECHの魅力を伝えたい楽天テクノロジーカンファレンス(RTC)のスタッフが、Tech Meetupを開催します。初回テーマ事業に響くデータとAIに引き続き、今回はまた別のトピックをデータという切り口で提案します。 題して、データで切り拓くソフトウェア品質の未来

ソフトウェアの品質改善の活動に、従来のソースコードメトリクスやバグメトリクスなどに加え、リードタイムやデプロイ頻度、平均修復時間などの様々なデータが活用されるようになりました。

これは、 1. 継続的な開発を前提とするアジャイル開発が当たり前となり、時系列データも改善活動で利用可能になったこと 2. DevOpsが普及することで、QAだけでなく開発から運用までの一貫したプロセスの品質データが利用可能になったこと が理由として挙げられます。

これらの新たに利用可能になったデータを活用し、ソフトウェアの品質のみならず、パイプラインのプロセスやチームの生産性、従業員の職務満足度などの改善に取り組む企業が増えています。

このミートアップでは、データにもとづくソフトウェア品質改善のアカデミックなアプローチである実証的ソフトウェア工学の最新動向や、アジャイルやDevOpsなどの現場でのデータ駆動な品質改善活動の事例をご紹介します。

また、ラウンドテーブルでは、これらのトピックについて参加者と一緒になった議論をします。

内容に興味のあるデータサイエンティストとエンジニアのみなさん、是非ご参加下さい!

お申し込み方法

以下詳細やお願い事項をご確認頂いた上で、下記リンク先より事前にお申し込み下さい。チケットは無料です。 (楽天社員の方も、座席確保のため事前お申込みをお願いします。)

https://tinyurl.com/rtechmeetup2

タイムスケジュール

時刻 タイトル スピーカー
18:30 開場
19:00 オープニング 吉田彩奈/楽天株式会社
19:10 基調講演「ソフトウェア開発活動のデータとアナリティクスの3原則」 森崎修司/名古屋大学
19:35 休憩
19:45 事例紹介1「エンジニアチームにとって手の届くKPIを考えて、仕事に取り入れてみた supported by アトラクタ原田騎郎さん」 山木隆寛/楽天株式会社 & 原田騎郎/株式会社アトラクタ
20:00 事例紹介2 「デンソーSREにおけるデータ活用とカイゼン」 島津直道/株式会社デンソー & 吉羽 龍太郎/株式会社アトラクタ
20:15 事例紹介3 「データとQC7つ道具を利用したDEVOPSプラクティスによる生産性改善」 内藤史郎&荻野 恒太郎/楽天株式会社
20:30 ラウンドテーブル&懇親会
21:50 終了

ラウンドテーブル

時刻 トピック ファシリテーター
20:40 みんなで語ろうデータと品質 渡邉太一/楽天株式会社
21:10 休憩
21:15 オカシイの引き出し方 風間裕也/株式会社ビズリーチ
21:45 終了

ラウンドテーブルとは?

参加者参加型の討論会です。

与えられたテーマについて、登壇者と参加者で一緒に議論し合います。どなたでもご参加頂けますので、是非積極的にご参加頂き、意見交換の場として頂ければ幸いです。

また、Rakuten Tech Meetupでは、議論の内容をグラフィックレコーディングでまとめていきます。終了後に作品をご覧頂きまして、議論した内容の振り返りにご活用下さい。

登壇者プロフィール

森崎修司

名古屋大学

大学院情報学研究科 情報システム学専攻 准教授

山木隆寛

楽天株式会社

ECマーケットプレイス開発部 副課長

https://www.linkedin.com/in/ymktk/

原田騎郎

株式会社アトラクタ

Founder & CEO & Agile Coach

https://www.linkedin.com/in/haradakiro/

島津直道

株式会社デンソー

MaaS開発部 デジタルイノベーション室 

インフラストラクチャー&アプリケーションサポート課

https://www.linkedin.com/in/naomichi-shimazu/

吉羽 龍太郎

株式会社アトラクタ

Founder兼CTO / アジャイルコーチ

https://www.linkedin.com/in/ryuzee/

内藤史郎

楽天株式会社 

メンバーシップサービス課

デリバリアンドクオリティグループ 副マネージャー

荻野 恒太郎

楽天株式会社  メンバーシップサービス課 アイデンティティプラットフォームグループ マネージャー

http://kokotatata.hatenablog.com/entry/2018/12/17/181334

渡邉太一

楽天株式会社

トラベルプロダクト開発部 グループマネージャー

https://taichiw.hatenablog.com/

風間裕也(ブロッコリー)

株式会社ビズリーチ

QA基盤推進室

http://nihonbuson.hatenadiary.jp/

お願い

  1. 懇親会では、お酒と軽食をご用意しておりますが、未成年の方は飲酒は法律で禁止されております。
  2. 当日の模様は、後日公式サイトなどでイベントレポートとしてご紹介いたします。ご参加のお客様が写真や映像に写り込むことを、予めご了承ください。
  3. 営業・勧誘など、勉強目的ではない方のご参加はご遠慮下さい。

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

rtechconf_ayana

rtechconf_ayana さんが書き込みました。

2019/07/10 09:34

レポート公開しました。是非ご一読下さい。https://tech.rakuten.co.jp/news/tech-meetup2-report/

rtechconf_ayana

rtechconf_ayana さんが書き込みました。

2019/07/04 16:45

キャンセル分だけ数枚出ております。申し込みそびれた方どうぞ! #rtechconf

rtechconf_ayana

rtechconf_ayana さんが書き込みました。

2019/07/04 11:05

RTC(楽天テクノロジーカンファレンス)のサイトはこちら。このミートアップに関する背景や裏話などのブログもありますので、是非読んで下さい。https://tech.rakuten.co.jp/

rtechconf_ayana

rtechconf_ayana さんが書き込みました。

2019/07/03 22:19

いよいよ明日です!数日前に180席見事に埋まりました。ありがとうございます!楽しみ〜!!#rtechconf

rtechconf_ayana

rtechconf_ayana さんが書き込みました。

2019/06/16 22:21

あっとゆうまに100席埋まってしまいましたので、調整の結果80席増席しました!満席になる前に皆様お早めのお申込みをお願いします。#rtechconf

Tatsuya Sato

Tatsuya Sato さんが書き込みました。

2019/06/11 15:49

なるほど、そうだったんですね。失礼しました。

rtechconf_ayana

rtechconf_ayana さんが書き込みました。

2019/06/11 15:02

コメントありがとうございます。森崎先生の所属ですが、2017年4月より、「情報学研究科」に変更になっております。こちらご参照下さいませ。http://www.is.nagoya-u.ac.jp/

Tatsuya Sato

Tatsuya Sato さんが書き込みました。

2019/06/11 12:04

森崎先生の所属は、正しくは「名古屋大学 大学院情報科学研究科」です。

rtechconf_ayana

rtechconf_ayana published (RTC主催) Rakuten Tech Meetup #2 データで切り拓くソフトウェア品質の未来.

06/07/2019 18:49

(RTC主催) Rakuten Tech Meetup #2 データで切り拓くソフトウェア品質の未来 を公開しました!

Group

楽天

楽天のイベントページです!

Number of events 22

Members 682

Ended

2019/07/04(Thu)

19:00
22:00

Registration Period
2019/06/07(Fri) 18:49 〜
2019/07/04(Thu) 22:00

Location

楽天クリムゾンハウス

〒158-0094 東京都世田谷区玉川1丁目14−1